ISOのハードルの高さでアピールできるメリット

ISOの資格は実は簡単に取得できるものではありません。一定の用件などは存在するのですね。

そもそもその資格は、少なくとも審査などがあるのは間違いありません。それも複数の基準が存在するのですね。その複数の基準でパスした時のみでもちろん資格を取れることになります。

そしてISOの審査の基準は、比較的厳しめなのですね。誰でもその資格を取れるわけでもなく、そもそも日数なども相当長くかかる傾向があります。状況によっては、ISOを取るまでに1年近くかかってしまう事もあるのです。

つまりそのISOの資格を保有した会社の場合は、少なくとも高いハードルをくぐり抜けている事をアピールできるのですね。ISOの資格を保有しているという事実だけで、高く評価されるケースもあります。それで新たな取引先が生まれて、売上数字が伸びる事例も自治体ある訳ですね。

確かISOは、ハードルなどは少々高めではあります。ですがそれを上回るメリットもある訳ですから、検討してみると良いでしょう。